2013年08月12日

エアコン28℃「強」と26℃「弱」電気代が安いのは?

連日40℃を超える日々。
節電しながら、賢くエアコンを使いたいものです。

cool.jpg

そこで、冷房のおすすめ設定温度28℃について調べてみると、
「エアコンの風量設定も見直しましょう。
26度の設定で風量を「弱」にするよりも、
28度で「強」にしたほうが電気代は安く、
しかも涼しく感じるという実験の裏付けもあります。」
という記事をみつけました。

どちらも試してみましたが、温度設定より風量の方が体感できるためか、
確かに28℃「強」の方が涼しく感じます。

また電気代に関しては、
「エアコンは稼動直後がもっとも電気を使うため、
冷えたら消して、またつける、ではなく、
温度を上げたり、風量を強や弱から「微風」にするのが電気代を押さえる方法」
とのこと。

『エアコン28℃設定でも、猛暑をラクラク乗り切るグッズ』参照


そしてうちでも実践しているのが、「サーキュレーター」
との併用。

fan.jpg

冷たい空気は下に溜まっていくので、サーキュレーターを上に向けて
空気を循環させます。
ここ2年使ってみて効果を実感しているので、おすすめです!

レトロなデザインなら

「ElectroluxサーキュレーターResort」



posted by *タンタン at 15:33| Comment(0) | 猛暑対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。