2010年04月04日

お医者さんと万年筆

長男独り立ちの寂しさを味わう間もなく、
引越の翌日、次男が発熱!

39、5度まで上がったので、近くの病院へ。
お医者さん「どうしました?」と聞きつつ
こちらが話すとその内容を画面を見ながらPCに入力。

紙のカルテはなし?
っていうか入力が遅い。。。

私が小さい頃、近くの病院では
先生が病状を聞きながら、太い万年筆でカルテに何やら書き込んでいました。
その青いインクのドイツ語(?)を眺めながら、
やっぱりお医者さんてスゴイ!と
具合が悪いながらも安心した記憶がありました。

そういえば、去年娘が通っていた整形外科の先生も
今回、血液検査をした大学病院でもPC入力。

幸い次男は3日めには熱が下がりましたが、結局原因ははっきりせず。

こちらが年をとって、お医者さんたちが年下になってきたこともあるんだけど
このPC入力にはとっても違和感を感じてしまいました。

でも、今や作家だってPCで原稿を書く時代ですからね。。。

昔、憧れだった万年筆。
両親からプレゼントされた時は嬉しかった。


pen1 


pen2


久しぶりに出してみました。
また、使ってみようかな。


ranking.gif
人気blogランキングへ




ランキングに参加中♪ 1Click ありがとうございます boy-up.gif






ラベル:万年筆
posted by *タンタン at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。